• 新刊紹介
  • 改訂版紹介
  • 既刊書紹介
  • その他

改訂版紹介

がん看護学[第2版]
−臨床に活かすがん看護の基礎と実践−

大西 和子
飯野 京子
平松 玉江 編集
__________________
2018年2月19日発行予定

上製
B5判 ・ 430 頁
定価(本体 3,000円+税)
ISBN 978-4-86174-070-1

内容紹介

がん患者にかかわる看護師の使命と課題について豊富な事例と平易な理論で詳しく解説しています.
★がん対策基本法が改正され,第3期がん対策推進基本計画が進むなか,看護にも大きな期待が寄せられています.本書は,複雑・高度化するがん看護のニーズに応えるため,がんという疾病の概念,臓器別の特徴的な診断と治療,アセスメント・症状マネジメント,緩和ケア,家族ケア,そしてチーム医療のあり方など,あらゆるテーマの学習内容から構成されています.
●臨床経験豊かながん看護専門看護師・研究者という強力な執筆陣により,これから専門看護師,認定看護師を目指す人には必要な知識・情報が満載されています.

主要目次

第1章 がん看護学の概念
第2章 がん医療の基礎知識 
第3章 臓器別がんの特徴と治療
第4章 倫理的課題
第5章 化学療法にともなう看護
第6章 分子標的療法・免疫療法とその看護
第7章 造血幹細胞移植における看護
第8章 放射線治療にともなう看護
第9章 手術療法にともなう看護
第10章 がんの進展にともなった緊急病態
第11章 症状マネジメント
第12章 補完代替療法 
第13章 緩和ケア 
第14章 終末期・臨死期のケアと遺族ケア
第15章 理論を用いたがん看護の実践
第16章 高齢がん患者の看護 
第17章 がん看護実践に重要なスキル

一覧へ戻る