• 新刊紹介
  • 改訂版紹介
  • 既刊書紹介
  • その他

既刊書紹介

精神看護学 II [第6版]
−精神臨床看護学−

川野 雅資 編集
__________________
2015年3月発行

フルカラー
B5判 ・ 400 頁
定価(本体 2,700円+税)
ISBN 978-4-86174-065-7

内容紹介

第6版では,新しい知見に基づき精神疾患患者の理解と治療を詳解しています.DSM−5に対応.
鬼と挟で「看護師国家試験出題基準 平成26年版」精神看護学の項目を網羅しています.
●精神疾患の基礎知識と,治療,リハビリテーション,精神看護を詳しく解説.理論的根拠に基づき精神科看護の実践ができるように構成しています.
●「第5章 症状アセスメントとケアプラン」は,新しい執筆者が加わり,症状ごとに具体的なケアプランを記述しています.
●精神科病院やリハビリ施設を取材した内容に基づき,精神看護の実際を紹介しています.

主要目次

序 精神看護師の役割
第1章 精神看護の考え方
 1.患者−人間関係
 2.セルフケアの援助
 3.精神看護の看護過程
 4.生きる力と強さ
第2章 精神疾患患者の理解と治療
 1.脳の仕組みと精神機能
 2.臨床検査
 3.心理療法
 4.薬物療法
 5.電気けいれん療法
 6.精神療法
 7.リハビリテーション療法
第3章 精神疾患・精神症状
 1.精神疾患の基礎知識
 2.主な疾患
第4章 入院から社会生活の継続までの看護
 1.精神疾患患者の理解
 2.安全管理
 3.急性期から回復期,慢性期の看護
第5章 症状アセスメントとケアプラン
 以下の症状の患者の看護:幻覚,妄想/せん妄/抑うつ状態/興奮状態/拒絶的な患者/引きこもり状態/操作をする患者/
 自殺・自傷行為/不眠状態/依存状態/認知症/不安状態/意欲減退状態/攻撃的行動をとる患者/強迫行為/躁状態/
 解離性障害/摂食行動の障害/パニック障害/児童・思春期・青年期の精神看護/身体合併症で入院した患者の看護/
 医療観察法で入院した患者の看護

精神看護学の今後の展望

付録:用語解説

一覧へ戻る

<< 前へ 次へ >>