• 新刊紹介
  • 改訂版紹介
  • 既刊書紹介
  • その他

既刊書紹介

演習・実習に役立つ基礎看護技術−DVD付[第4版]
−根拠に基づいた実践をめざして−

三上 れつ
小松 万喜子 編集
__________________
2015年3月発行

フルカラー
DVD付
B5判 ・ 430 頁
定価(本体 2,900円+税)
ISBN 978-4-86174-059-6

内容紹介

根拠に基づいた看護技術ができるように,根拠と留意点を充実させ,イラスト・写真により解説しています.
★第4版はDVDを新しく作成いたしました.最近の看護技術にあわせて本文・映像ともに改訂しています.演習・実習時に,また自己学習でも,基本的な看護技術を学習できます.
●各技術ごとに知識編・技術編・応用編として表形式で構成し,「知識編」では技術を実施する上で押さえておきたい基礎知識を網羅し,「技術編」では行動目標,実施手順に根拠や理由,留意点を明らかにし,「応用編」では,知識編・技術編を応用して行う技術を解説しています.
●技術編では,自己または他者評価が可能なチェックリスト形式にし,確認しながら技術を実施できるようにしています.

主要目次

第喫 基礎看護技術の考え方とその活用
第曲 基礎看護技術の知識・技術・応用
第1章 環境調整技術
第2章 食事援助技術
 栄養状態・体液・電解質のバランス査定/食事介助/経管栄養法/口腔ケアなど
第3章 排泄援助技術
 排尿・排便援助/摘便/失禁ケア/導尿/浣腸/ストーマ造設者のケアなど
第4章 活動・休息援助技術
 体位・肢位の保持/体位変換/移動介助/歩行介助/移送/関節可動域訓練など
第5章 清潔・衣生活援助技術
 入浴介助/手・足浴,陰部ケア/清拭/洗髪,拭髪/整容/寝衣交換など
第6章 呼吸・循環を整える援助
 酸素吸入療法/吸引/気道内加湿法/体位ドレナージ/排痰法/低圧持続吸引など
第7章 創傷管理技術
 創傷処置/包帯法/吸引/褥瘡ケアなど
第8章 与薬の技術
 経口薬・外用薬・注射・点滴静脈注射/中心静脈栄養の管理/輸血の管理など
第9章 救急救命処置技術
 救急法/止血法/除細動
第10章 症状・生体機能管理技術
 バイタルサイン/症状・病態の観察/検体の採取/経皮的・侵襲的検査時の援助など
第11章 感染予防の技術
 スタンダードプリコーション/洗浄・消毒・滅菌/無菌操作/除毛など
第12章 安全管理の技術
 安全確保/転倒・転落・外傷予防/医療事故予防/医療廃棄物管理/トリアージなど
第13章 安楽促進の技術
リラクセーション/マッサージ/罨法など

一覧へ戻る

<< 前へ 次へ >>