• 新刊紹介
  • 改訂版紹介
  • 既刊書紹介
  • その他

既刊書紹介

哲学
−看護と人間に向かう哲学−

田畑 邦治
田中 美恵子 編集
__________________

2色刷
B5判 ・ 310 頁
定価(本体 2,200円+税)
ISBN 978-4-902085-44-0 (2003)

内容紹介

哲学者と看護職者が協同で編集・執筆し,哲学の基礎知識から人間理解,人間存在を学び,さらに事例を通して個人として対象者に関わる意味・姿勢について学べます.
★ Part4「看護実践に向かう哲学」では,事例,エピソードを入れながら,テーマ別(家族問題,母子関係など)に,ケアの基本的精神,哲学的観点から,看護師自身の疑問,迷い,葛藤などを通して,看護実践についての考え方を具体的なレベルで解説しています.

主要目次

Part1.序論
 1.看護と哲学
 2.看護理論と哲学

Part2.哲学の歴史と現在
 3.哲学の起源とその人間理解
  1)古代ギリシャ哲学の人間理解
  2)古代ギリシャの医学思想
 4.中世における人間の尊厳の思想
 5.近代・現代哲学における人間理解
  1)近代哲学における人間観
  2)現代哲学における人間への問い
 6.東洋哲学と人間理解

Part3.看護と哲学
 7.ケアの倫理と医療・看護
 8.バイオエシックスと医療・看護
 9.哲学的考えに基づく看護の本質,専門職者としてのあり方
 10.ホリスティック看護と哲学
  1)ホリスティック看護の実践
  2)ホリスティック看護の哲学的考察
 11.看護実践における科学的方法の意味
  1)看護における言語化の意味
  2)問題解決に必要な分析力,判断力
  3)方法としての看護過程

Part4.看護実践に向かう哲学
 12.現代の家族問題と看護
 13.母子関係の看護と哲学
 14.発達障害児への看護的ケアにおける哲学的問題
 15.加齢に向かう臨床の哲学
 16.ターミナルケアに臨む哲学・宗教
 17.精神看護の思想と実践

付録:用語解説

一覧へ戻る

<< 前へ 次へ >>